くびれ 無くなる ワケ

くびれが無くなるワケ

このごろウエスト周りにお肉が増えて、
くびれが見えなくなったと困っている人もたくさんいるのでしょう。

若々しい頃には、気にしなかったウエストの線も、
年齢を重ねるとともに徐々に崩れていきます。
どうしてくびれがなくなっていくのでしょう。

くびれが無くなる理由になるのが、大腰筋が衰えることです。

大腰筋は通常そこまで強化される筋肉じゃなく、
腹筋や内臓よりもっと奥にある筋肉で、背骨を引っ張り、
正しい姿勢になるためや、太ももをアップするのに大事な筋肉になります。

この大腰筋の筋肉が落ちると、背骨が真っ直ぐにならずに、
猫背や、お腹がポッコリしてしまうのです。

これ以外にも、大腰筋と一緒に衰えてしまうのが腹筋です。
この腹筋も一緒に衰えてしまうと、全身の筋肉も衰えるといった、
心配な連鎖反応を引き起こしてしまうのです。

落ちてしまった筋肉の代わりに増量していくのが脂肪です。
それから、筋肉がなくなることで基礎代謝も落ちてしまうので、
さらに、脂肪が体の中に蓄積していきます。

また、体の代謝が落ちてくるとリンパの流れが滞ったり、
悪い姿勢を長期間続けたことによる骨盤の開きや歪みから、
くびれがなくなっていってしまいます。

特に女性の場合、子宮や卵巣等を、
外部の衝撃や冷たさから防御しようとして、
皮下脂肪がつきやすい状態になります。

残念なことに、この脂肪は分解されにくいので、
1度付くと、そう簡単には減らす事が難しいようです。

皮下脂肪が蓄積して代謝が悪くなると、
セルライトが出現しやすくなるため、
なるべく皮下脂肪が出来ないようにすることが大事です。

くびれが無くなってしまう前に、筋肉の低下や、
皮下脂肪が蓄積することを阻止することが必須です。