くびれ ヒストリー

くびれのヒストリー

素晴らしく均整のとれた体は、
メリハリがある体型で決まるのです。

 

どれほど胸のラインやお尻のラインがきれいでも、
ウエストがくびれていなければ、
全体的なキレイさは半分になってしまいます。

 

このくびれがあるプロポーションを
気にかけ始めたのは、どれぐらい前からなのでしょうか。
1750年頃、ヨーロッパでコルセットが人気になりました。

 

コルセットは、魅力のあるラインを作ることを考えて、
鯨の骨や鉄鋼製のボーンを用いてスタイルを作っていたのです。

 

ウエストをキュっとさせるために、コルセットについた
紐を絞めて、くびれたウエストを生み出しましたが、
当時は、人に手伝ってもらって締めていたそうです。

 

豊満な胸とは反対に、ウエストを細くした始まりは、
その頃のファーズィンゲールと言われる釣鐘型の
フープスカートが流行したコトがキッカケです。

 

これが現在の補正下着の元になったものと言えるでしょう。

 

ウエストをスリムにするのみならず、ウエストと胸のラインを、
綺麗な形に整えるためのものだったから、
とても厚い生地を使っていました。

 

言うまでもなく、体を締めつけるので、
タイトレイシング(必要以上にウエストを締める)に
反対する医師もいましたが、スリムでくびれたウエストを手に入れたくて、
女性の多くはコルセットを使って絞るのを止めなかったようです。

 

当時の理想とするウエストサイズは約42センチとされていました。
今では、当時のコルセットようにはいかないにせよ、
ウエストニッパーと言う補正下着が存在し使用されています。

 

ウエストサイズ42センチを目標とする女性はほぼ皆無でしょうが、
当時から流行した大きな胸とくびれたウエストは、
今でもきれいなプロポーションとして女性の理想とされているのです。