くびれ 骨盤周辺 筋トレ

くびれを作る骨盤周辺の筋トレ

ウエスト周囲に脂肪が付き、
くびれがないスタイルは、大腰筋が衰えることが原因です。

 

この大腰筋を強化することにより、
憧れのくびれたウエストを手に入れる事が可能になります。

 

大腰筋のある場所は腹筋の奥なので、
ただ腹筋を鍛えるのみだと、大腰筋を鍛えたとは言えません。
大腰筋を強くするには骨盤周辺の筋肉を強化することが大事です。

 

大腰筋を鍛え、ゆがんだ骨盤の修正や、
背骨全体の歪みをなくすことで、頭からつま先までの
均衡がとれたくびれの出る身体のラインが手に入ります。

 

大腰筋を強くする運動には、
その場で足踏みをするというお手軽なものがあります。
姿勢を良くして、その場で足踏みをするだけです。

 

太ももが床と平行になるまで、
足の高さを上げるのがポイントになります。

 

最初は、1分間ほど続けますが、
慣れてくれば3〜5分間程度頑張りましょう。

 

もうひとつは、大腰筋を強化する運動ですが、床に寝てから行います。
上を向いて寝たら、腕を腰の横に置いてそのまま体を固定し、
足を合わせて伸ばし、床よりちょっとだけ浮かせます。

 

足を伸ばした状態で、床から90度になるまで足を上げ、
そのまま止めたら、最初の状態に戻すという運動です。
10回を1セットとし、これを2〜3回、1週間に3回程度やってみましょう。

 

ポイントとして、足を上げる際には、
息を吐きつつ、じわじわと持ちあげ、
息を吸いつつスローダウンし、元の場所に戻します。

 

骨盤のゆがみを修復しつつ、骨盤周辺の筋肉を
鍛え上げることで、ウエストのくびれが生じて来ます。

 

そればかりか、血液やリンパ液の流れが向上しますので、
滞った老廃物のデトックスも可能です。

 

頭からつま先までのバランスが正常になり、
ウエストもくびれて、下半身のセルライトもきれいになる
骨盤周辺の筋力トレーニングをやってみましょう。