くびれ タオル 8の字体操

くびれができるタオルを使用した8の字体操

ウエストのくびれを作り出すための運動の中で、
腹筋運動は効果がないです。

 

くびれのあるウエストにするためには、
お腹をひねったり伸ばす運動で作ることができます。

 

この動作は、ズレた骨盤を、
元の位置に引き戻すのがベースになってます。

 

日常生活の中でジワジワと姿勢が歪曲してしまうので、
ウエストがだんだんとなくなってしまうのです。
歪んでしまった骨盤を正しい場所に戻すための努力をしていきましょう。

 

「伊藤家の食卓」で人気の裏技コーナーで取り上げられた、
8の字体操はシンプルでお薦めできるエクササイズです。

 

8の字体操に要する時間はわずか30秒、
しかも準備するものはタオル1本のみです。

 

最初に、片方の手でタオルの端っこを持ち、体の前に垂らします。
逆の手でそのタオルの下の端っこを持ちます。

 

その状態で肩をねじり、手を体の横へ動かし、
タオルの上を持つ手を体の反対に倒しつつ下へ向けましょう。
下の方の手と、上になっていた手の位置をチェンジします。

 

同様に上の方の手を体の反対の方に下に向けつつゆっくり倒します。
この動作を繰り返していくと、8の字を描くみたいな動作となります。
8の字体操は、1日に10回するのみでウエストのくびれ作りに有効です。

 

個人毎に差はあるのですが2週間くらい毎日継続すると、
ウエストのラインがすっきりし、くびれが元に戻ってきます。

 

注意する点は、タオルを常にピンと張ったままを
キープすることと、腕を真っすぐにしておくことです。
上半体は真っすぐに前を向く状態でいるようにしましょう。

 

おへそが正面になっていることを意識しましょう。
ただ、腰が痛い人は実施しないで下さい。

 

このエクササイズは、一直線に腕を伸ばすので、
二の腕をきゅっとする結果も期待できるみたいです。