骨盤 歪み 正常 くびれ

骨盤の歪みを正常にしてくびれを作る

ウエストのくびれは、そのままにしておくと、
あっという間に消え去ってしまいます。
どうして、ずっとくびれをキープするのが難しいのでしょうか。

 

日々普通に暮らしていても、体は歪んでしまいます。
骨盤に歪みが出ると、背骨も歪んできますので、
体が均衡を保とうとして猫背になる人が増加しているみたいです。

 

猫背になると腹筋が衰え、腹筋が衰えると
腰周辺にお肉が付きやすくなってしまうため、
くびれがなくなってしまうのです。

 

ウエストのくびれを出すためには、最初に、歪んだ骨盤を
正しい位置に戻すことから開始する必要があります。

 

骨盤の歪みを元に戻すエクササイズの中から、
自分の生活に合ったものをチョイスして、続けて行うようにしましょう。

 

手間なくわかりやすい骨盤矯正のエクササイズは、
骨盤を緩めたり閉めたりする体操です。

 

骨盤を緩めたり閉めたりする体操を一式とし、
日々実践する事で、骨盤が元の正常な場所に戻り、
くびれがあるウエストに回復させることが可能です。

 

骨盤を緩める体操のやり方は、
最初に、足を伸ばし、仰向けなって寝ます。
その状態で、足の先を出来るだけ外側に開いてください。

 

息を吸い、吐き出して、次に息を吸いつつ、
足先を極限まで外側に開いたままで、
膝を曲げず、かかとを床より30センチまで持ち上げます。

 

そして、息を吸いきったら止め、踵をそのまま落とします。
かかとを落としたら息を吐き出します。

 

仙骨が緩んできたような感覚があったら、
うつ伏せに寝て3〜5分そのままの姿勢でいましょう。

 

今度は骨盤を閉める体操です。
最初に正座をして、足の間にお尻を落とし、
床にお尻が付いた状態で座ります。

 

その状態のまま、後ろにゆっくりと倒します。
最後に足を伸ばしながら開きましょう。
以上の体操を繰り返し、くびれが出来るよう頑張ってみましょう。